大人のためのファッションマナー

大人のためのファッションマナー


最近は様々な結婚式のスタイルが増え、出席する側としては、頭が痛いですよね。
結婚式か、披露宴か? 時間は何時で場所はどこ? 招待客はどのくらい? 
「平服でお越し下さい」って何を着ればいいの? そしてあなたの立場は? 
 ・・・・といろいろ考えなければいけません。

日本ほど、和洋折衷な上にしきたりのある国はないですよ。これが悩みの種。
そこで、出席する側の「ドレス・コード」についてお話したいと思います

 「平服でお越しください」の場合


「平服」=「略礼装」のこと。普段着やカジュアルスタイルで出席してはいけません。
略礼装に昼夜の区別はなく、最近よくあるレストランウエディングなどがこれに当たります。

●女性●

スタイリングの制約はありません。ワンピース、スーツ、アンサンブル、単品コーディネートで流行を取り入れた装いをしましょう。色は「白」以外にしてください。花嫁さんを立ててあげましょう。
コートはカジュアルなものは避けてください。毛皮でも構いません。

素材

カジュアルすぎないもの。
ニットでもフォーマルイメージがあるものでしたらO.Kです。
ソフトな合繊がよく使われますが、ラメ・エナメル・皮革なども大丈夫です。

バック

カジュアルなもの、大型のものは避けてください。

服と調和のとれたもの。ブーツは避けたほうがいいでしょう。

アクセサリー

流行を取り入れた感じで構いませんが、粗悪なもの、品のないものは避けましょう。ビーズ関係のものでも大丈夫です。大ぶりの宝石もO.K。



■男性■

基本はダークスーツです。シングルの時は、よりフォーマルな感じを出すためにベストを着用するとおしゃれに決まります。色は、チャコールグレー、ブラウン、ネイビーなど。
因みにパンツの裾はシングルで。ダブルはもともと裾が汚れるのを防ぐためのものなので、フォーマル度が低くなります。ポケットチーフもコーディネートしてみましょう。

シャツ

レギュラーカラー・ピンホールカラー・タブカラー・ソフトカラーなどでもよいです。よりドレッシーにダブルカフスもいいですね。

ネクタイ

シャツとコーディネートさせること。
柄は、無地、水玉、ペーズリー、レジメンタル。

細身のプレーン・トゥが無難。スリップオンやサイドゴアのブーツでも問題はないようですが、ファッション上級者でない場合避けたほうがいいでしょう。




 昼のフォーマル(午後5時前に開宴されるもの)

●女性●

* アフタヌーンドレス(正礼装)、アフタヌーンスーツ(準礼装)又は、フォーマルスーツ(略礼装)
  ポイントは、シンプルで清楚な印象。光沢のない素材で肌を露出しないことです。
  控えめに装いつつ、華やかさをプラスする気持ちでコーディネートしましょう。


デザイン

胸元や肩を露出しないシンプルなデザインのワンピース、アンサンブル
ツーピースやスーツで、スカート丈はひざからくるぶしの上ぐらいに。
白を使うなら部分使いで。できれば昼の明るい陽射しに映える優しい色が理想的です。

素材

シルクやシルキーなジョーゼット、ジャガードのような地模様のあるものもいいでしょう。光沢のあるものは避けてください。スーツなどウール系のものは、無地で格調の高いものにしましょう(カシミアなど。)

バック

布地、カーフやスエードで光沢のないものにしましょう。蛇などの爬虫類の皮は
「殺生」を連想させるので、タブーです。バックは小型のもので。靴はヒールが高い方がよりフォーマルになります。

アクセサリー

真珠・ダイヤは可能です。その他水晶、トパーズ、アクアマリンなど、透明な陽に映えるものを。ゴールドは小さめのものにして下さい。
手袋は公式では必ず着用ですが、出席する場合にはなるべく持った方がよいでしょう。


■男性■

ブラックスーツ(準礼装)
昼の準礼装はディレクターズ・スーツ(モーニングを簡略したもの)ですが、出席する側は略礼装のブラックスーツで大丈夫です。色は黒または濃紺。素材はドスキンやタキシードクロスなどの格調の高い素材がいいでしょう。いわゆる礼服です。
ブラックスーツに白織柄のネクタイというのは日本独特のスタイルです。ちょっと人と差をつけたい方は、ブラックスーツにシルバーのベスト+ネクタイなども礼服の代わりになるスタイルですのでお薦めです!

シャツ

白のソフトカラーのダブルカフス。ドレスシャツなら必ずカフスボタンをして下さい。

ネクタイ

白の折柄、またはシルバーグレーの結び下げ。

黒のカーフのプレーントゥかスリップオンタイプのもの。

アクセサリー

白のシルクのポケットチーフ。 
ダイヤ・パール・白蝶貝のタイピンとカフスボタン。

 


 夜のフォーマル(午後5時以降に開宴されるもの)

●女性●

女性はカクテルドレス(午後5時~8時)か、イブニングドレス(午後8時以降)で。
光沢ある素材で華やかに優雅にドレスアップして下さい。肌を出すほどフォーマルになります。
アクセサリーなど大きめのものを使いますが、あくまで上品に装いましょう。

デザイン

カクテルドレスは、ノースリーブか半袖で、丈はロングからノーマルまで自由なものです。
基本はワンピースですが、アンサンブルやツーピースでも大丈夫。
イブニングドレスは、胸元、背中、肩が大きく開いていてノースリーブのもの。丈は床すれすれのフロア―丈か足首が隠れるぐらいのロング丈です。こちらはワンピースが正式。

赤・ブルー・パープルなどのはっきりした色使いがお薦めです。黒なら光沢のあるものがベスト。
イブニングの場合のみ、プリント柄は避けたほうがいいでしょう。
(織り柄はO.K)

素材

ラメ、サテンなどの光沢のあるものや、シルキーな素材の他、レース、ベルベット、モアレ、タフタなどの高級感のあるものを。

バック

小ぶりで装飾的なデザイン。サテン、ラメ、ビーズなどの素材のもの。

サンダルかパンプスでハイヒール。サテンやエナメル、金・銀などの光る素材のもの。

アクセサリー

照明に映える輝きのあるものを。宝石はイミテーションでも構いません。ゴールドなら大きめのものを選びます。手袋はドレスの袖丈に合わせて、ノースリーブなら肘までのロング丈を。
ストッキングは、ラメなど光沢のあるものやレースにするとフォーマルです。


■男性■

夜の準礼装はタキシードですが、略礼装のブラックスーツで出席しても構いません。
お祝いの席では、男性もおしゃれを楽しむ気持ちが大切です。タキシードの正式な装いだけでなく、カマーバンド、ポケットチーフ、ネクタイの色柄をコーディネートするのも素敵ですよ。

タキシード

正式なタキシードはすべてのコーディネートが白と黒。上着の衿は拝絹(シルクサテンなどで覆っている衿)つき「ピークドラペル」と「ショールカラー」の二種類です。スラックスには側章(サイドにあるサテンのライン)が一本。素材はタキシードクロス、カシミア、ドスキン。基本は黒ですが、無地ばかりでなくチェックやジャガード柄などや光る素材を意識してもいいでしょう。また、白黒以外の色使いや、セットアップのタイプはファンシータキシードといいます。

シャツ

正式には必ず白のタキシード用のドレスシャツ。ウィングカラーでも大丈夫です。

正式はエナメルのオペラパンプス。カーフの黒のプレーントゥやスラックスに合わせた色も可。

ネクタイ

正式は黒の蝶ネクタイ。ファンシータキシードは、カマーバンドと同色・同素材で。首の短い方や小柄な方はクロスタイのほうがバランスは取りやすいですね。

アクセサリー

タキシードなら、白のシルクのポケットチーフに黒のオニキスのカフスボタン。ファンシータキシードは、色ものでも大丈夫です。




 こんなとき、どうする?


◇披露宴で着物を着る場合◇

ミスなら本振り袖か中振り袖で、花嫁が振り袖を着る場合はワンランク下のものにしましょう。
ミス・ミセスを問わずに着られるのは、色留袖・色無地紋付き・訪問着紋付き・付け下げです。

色留袖

五つ紋は第一礼装で黒留袖と同格です。
三つ紋か、一つ紋付きにしておくと準礼装になります。色無地は準礼装で、一つ紋にしておけば、お茶会や入学・卒業式・七五三などの母親の装いにもなります。

訪問着紋付き

多目的に着られる便利な準礼装です。11月から3月までの寒い時期には
伊達衿で衿もとを飾り、二枚重ねの重厚感を出すと素敵ですね。

付け下げ

訪問着の代わりになる社公用の着物です。前身頃、後ろ身頃ともに、肩から下に向かって柄が流れるように付け下げたことからこの名前がつきました。


◇夫婦で出席する時は、格を揃えて◇

◆男性がタキシード = 女性はイブニングかカクテルドレス

◆男性がブラックスーツ = 女性はアフタヌーンドレス

◆男性がダークスーツの略礼装 = 女性もドレッシーなワンピースやスーツの略礼装



◇教会での挙式に出席する場合◇

教会は、キリスト教徒にとっては神聖な場。出席者は結婚の証人となりますから、当日の服装や行動には充分気をつけましょう。
挙式が昼、披露宴が夜で、両方に同じドレスで出席するなら、式にはつつましく、披露宴では華やかになるようアクセサリーや小物使いでアレンジしましょう。

◆教会は肌を露出してはいけません。袖は短くて半袖、胸元や背中が開いたデザインはタブーです。夜のフォーマルで参列する場合は、ジャケットを羽織るかストールを巻きましょう。

◆光るものや派手なアクセサリーは、式の間ははずしましょう。
手袋を持つとよりフォーマルに。

◆海外の挙式では、男性は要注意!日本ではブラックスーツは慶弔両用の準礼装ですが、欧米では喪服です。昼ならディレクターズスーツ、夜ならタキシードにして下さいね。




現実的には、日本でのフォーマルのドレスコードは地域、場面、関係性などにより複雑になっております。しかしながら、大人の教養・マナーとして、節度を持ったファッションを心がけたいですね。

どのようなファッションコーディネートがよいか?他の場面にも応用できるフォーマルファッションはどうすればいいのか?などは、パーソナルスタイリングでお承りしております。

また、レアリゼスタイルでは、ウェディング、2次会、披露宴などのフォーマルシーンのスタイリングも行っております。ブライダル系アパレルの専門知識を持ったパーソナルスタイリストがお手伝いさせて頂きます。
パーソナルスタイリストによるファッションコーディネートで晴れの日を楽しく装いませんか?
フォーマルは購入だけでなく、レンタルショップの選定からショッピング同行もお承りいたします。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

      

>> パーソナルスタイリングのメニューはこちらから。


top of page